複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション査定の方法 >  マンション査定の方法とは

マンション査定の方法とは

中古マンション査定には、一般に取引事例比較法が用いられます

マンション査定の方法

不動産の査定方法は、原価法・取引事例比較法・収益還元法などがありますが、 新築マンションの査定には原価法が、中古マンションや一般の戸建て住宅の査定には 取引事例比較法が適しています。 収益還元法は賃貸収益の観点で査定され、主に投資を目的とした物件に用いられます。

マンション査定をする取引事例比較法とは、査定を依頼したマンション(査定マンション)と その周辺の査定マンションに類似したマンション(事例マンション)の最新の売買事例データを 比較して査定価格を算出する方法です。

売買事例マンションとの比較材料になる査定評価項目は、日当たり、風通し、眺望などの立地条件、築年数、建物や室内の状況、周辺環境、駅や公共施設までの距離などです。

通常、これらの項目で事例マンションと査定マンションの両方を総合評価し、 比較した上であなたのマンションの査定価格が算出されます。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション査定の方法

マンション査定に利用される取引事例比較法や 不動産業者による机上の簡易査定、現地調査する実地査定など 中古マンション査定の方法について解説しています。

また、多くの不動産業者に使われている 中古マンション価格査定マニュアルや自分でマンション査定できる マンション価格情報サービスなども紹介しています。

関連エントリー

マンション査定の方法とは マンションの簡易査定とは マンション訪問査定の調査項目 中古マンション価格査定ツール マンション価格情報サービス