複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション査定の評価項目 >  マンションの築年数と査定価格

マンションの築年数と査定価格

マンションの築年数は査定価格にどのくらい影響するのでしょうか。

(財)不動産流通近代化センターの中古マンション価格査定マニュアルでは、 マンションの築年数15年までは、築年数1年につき−1.5%が査定の評価基準 となっています。

築10年のマンションを基準に築年数が新しいほど1年につき 1.5%査定価格は上がり、築年数が古いほど1年につき1.5%査定価格は下がる 査定評価方法です。

さらに築年数16年〜20年では古くなるほど1年毎に−2.0%、築年数21年以上では 1年毎に−2.5%加算されていきます


マンションの築年数と査定価格に与える影響

築1年(+13.5%)

↑1年毎に+1.5%加算

築10年(0.0)

↓1年毎に−1.5%加算

築15年(−7.5%)

↓1年毎に−2.0%加算

築20年(−17.5%)

↓1年毎に−2.0%加算


上記の築年数による査定評価からも、マンション買い替えの資金計画を より有利にすすめる売却時期は、築年数10年以内ということができます。

また、地震や耐震偽装が社会問題になっている現在では耐震基準が関心を集めており、 単純な築年数だけでなく、新耐震基準が施行された1981年(昭和56年)6月1日以降に 建築確認を受けたマンションなのか、旧耐震基準で建てられたマンションなのかといった 耐震基準の適応に関わる築年数も査定価格に影響を与える大きな要因になっています。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

 無料査定はこちらから

 

マンション査定の評価項目

マンションの築年数やマンション共用部分の管理状態、方位、階数など マンション査定の評価対象になる項目について解説しています。

関連エントリー

利便性に関する査定項目 同一マンションの査定評価 マンションの築年数と査定価格 査定に影響するマンション管理