複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション査定の評価項目 >  同一マンションの査定評価

同一マンションの査定評価

同じマンションでも査定価格が違うのは、どのような評価項目が影響しているのでしょうか。

マンション査定の方法

同じマンションの売買事例がある場合は、その売買事例に基づき査定 されますが、同じマンション内でも、室内の状況や、日当たり、眺望、階数 などによって査定価格は異なります

分譲価格の場合、一般に専用庭が付いている1階を除くと、上階にいくほど 価格は高く値付けされています。

中古マンションの査定においても同様で、(財)不動産流通近代化センターの 中古マンション価格査定マニュアルでは所在階が一階上がるに従って 0.5%ずつ価格が上がる評価方法が採用されています。

つまり高層マンションなら最上階が最も査定価格が高いことになります。
高層マンションの場合、眺望が大きな価値となり、日当たりも風通しも 期待できますので資産価値が高く評価されるのは当然です。

ただし、エレベーターのない中層マンションの場合は、 2階、3階に人気が集中する傾向がありますので資産価値の評価も高層マンション とは異なります。

マンションの向きも大切な査定項目

マンションの向きも大切な査定項目です。
中古マンション価格査定マニュアルでは南向きマンションに比べ、 西向き、東向きはマイナス5%、北向きはマイナス10%、 南向きの角部屋はプラス5%の評価になっています。

つまり、日照時間が長く、風通し、眺望も良い南方向最上階の角部屋は、 人気も高く(一番人気は東南の角部屋)査定評価も高いのです。
ただし、都心などでは南向きであっても、高い建物に陽射しがさえぎられ、日照条件や 眺望が悪いマンションも多く、この場合には高額な査定価格を基準に売り出しても、 当然ながら売れにくくなってしまいます。

また、売却可能な価格は売り出し時期のマンション需要によっても変わってきますので、 たとえ同一マンションであっても売り出す時期によって査定価格は変わってきます。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション査定の評価項目

マンションの築年数やマンション共用部分の管理状態、方位、階数など マンション査定の評価対象になる項目について解説しています。

関連エントリー

利便性に関する査定項目 同一マンションの査定評価 マンションの築年数と査定価格 査定に影響するマンション管理