複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション査定を依頼する >  業者による査定価格の違い

業者による査定価格の違い

不動産業者による査定価格の違い

一般にマンション査定を行う際、周辺にある類似物件の成約事例や基準地価、路線価などが 参考にされます。

しかし、マンション査定の方法は不動産業者によって様々で、参考にする成約事例価格や 使用する参考データも異なりますので、査定価格も不動産業者によって変わってきます。

例え、同じマンション査定価格ツールを使ったとしても、査定評価項目の採点には 査定する人の主観が入ってくるため必ずしも同じとはいえません。

注意しなくてはいけないのは、媒介契約欲しさに査定価格を高くしたり、反対に買取を目的に 安く査定する不動産業者も存在するということです。

新築マンションを扱う不動産業者などは、相場より高い査定価格を提示して、 客の買い替え意欲を煽ることもあります。

また、不動産業者のリストの中に、高い査定価格では購入が期待できない客しかいない場合にも、 査定価格を安く提示することが考えられます。

"この売り出し価格なら購入してくれる人が自社の顧客の中にいるだろう" などという、売りと買いの両方の手数料を意識した媒介業者の様々な思惑も 査定に反映してくるということも認識しておいた方がいいでしょう

つまり、媒介業者側がその気になれば、査定価格を先に設定してから、 それに見合うような比較事例物件を選んだり、つじつま合わせの査定を作成するなど、 売主を納得させるための意図的な査定価格を提示することも出来るということです。

また故意でなくとも、比較する成約事例の選択を誤る可能性もありますので、チラシや情報誌で市場価格を調査したり、マンション査定をなるべく多くの業者に依頼するなどして、査定価格を客観的に判断できるよう自分自身の判断基準の精度を上げることが大切です。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション査定を依頼する

マンション売却を成功させるためには、不動産業者の信用度調査や査定価格の精度、方法 などから、マンション売却を依頼する不動産業者のレベルを見極めなくて はなりません。

そのためにも、市場価格の調査や複数業者への査定依頼などによって、 査定価格に対するあなた自身の判断基準を高めることが大切です。

関連エントリー

不動産業者の信用度チェック 業者による査定価格の違い 査定依頼は複数業者に