複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却成功のコツ >  買い替えのタイミング

買い替えのタイミング

中古マンション買い替えのタイミング

マンション買い替えの場合、売り買いのタイミングが 資金計画に大きな影響を与えます。

また、大抵の方は、売却代金を購入マンションの資金に充当する のですから売却が先か、購入が先かも悩みどころです。

本来、売却と購入が同時に成立することがベストですが、 なかなか思い通りにはいかないのが現実です。

一般には新居を購入してから、自宅の売却をするケースが多いようです。

たしかに購入が先の場合は、じっくり希望の物件を選べるメリットも ありますが、希望通りの物件を見つけて浮かれてしまい、安易な資金 計画を建てがちなので注意が必要です。

安易な資金計画とは、自分の思いどおりの価格または、不動産業者の 査定どおりに今のマンションが売却できる、ということを信じて疑わず 資金計画を建てることです。

不動産の買い替えは売却先行が安全策

もし、予定通りの価格でマンションが売れなかったら、資金計画は崩れ、 売り焦って希望価格より低く売却せざるえなかったり、2重に住宅ローン を支払う事になってしまう(最悪、新居まで手放す)可能性もあるのです。

そんなリスクを考慮に入れると、やはり買い替えの場合は、 購入資金にあてられる金額が確定し資金計画的にも安全な、「売却を優先」 がセオリーでしょう。
住宅ローンの残高が多く資金計画に余裕の無い場合はなおさらです。

たしかに売却が先になると
・2度の引越の手間と費用
・仮住まい期間長期化の費用により資金計画に狂いが出る

などの理由で妥協した買い替えになるリスクも否定できませんが、 それでも買い先行よりはるかに低いリスクと言えるでしょう。

このように、売り買いのタイミングには、どちらもメリットデメリットが ありますので、住宅ローンの残高や収入などの資金状態に応じて慎重な 資金計画を建てることが重要です。

また、売り買いのタイムラグを極力避けるために、売却、購入どちらも 同じ仲介業者に依頼するのもひとつの方法です。

あくまでも売却が先の場合ですが、仲介部門をもつデベロッパーなどは、 新築マンションも購入してもらいたいわけですから、なるべく有利に売却 しようと熱心に対応してくることが多いようです。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却成功のコツ

マンション売却を成功させるには不動産業者の営業力が不可欠です。 また売却に有利なタイミングの見極め方、物件案内時に買い主がいだく物件や売り主の印象等も、 マンション売却成功に大きく影響してきます。

不動産業者の選び方や契約方法、物件案内時の注意点、売却時期等、マンション売却を 成功させる為のポイントを解説しています。

関連エントリー

売り主の印象も成約の要因に 物件案内時の注意点 不動産業者の選び方 本当に専任媒介がいいの? マンション売却は一般媒介で マンション売却の時期 買い替えのタイミング