複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却成功のコツ >  本当に専任媒介がいいの?

本当に専任媒介がいいの?

不動産の売却を不動産業者に依頼する場合、専属専任媒介契約・ 専任媒介契約・一般媒介契約の3種類の契約方法がありますが、 有利にマンション売却するためには、一体どの契約方法がいいのでしょうか。

一般に専任媒介契約や専属専任媒介契約は


「定期的に報告があるので依頼主は物件の反響などの現状が把握しやい」
「不動産業者はチラシや情報誌の掲載など広告宣伝費がかけやすい」
「不動産業者は積極的に販売活動に専念できる」

などのメリットがあると言われています。

有利にマンション売却するための不動産業者との契約方法とは?

反対に一般媒介契約は、どの業者が成約するか定かでなく成功報酬の保証がないため、 不動産会社は広告費もかけにくく、対応もオザナリになりがちともいわれており、 専任媒介契約や専属専任媒介契約を薦める声が多いいようです。

しかし、この専任媒介契約や専属専任媒介契約を薦める声には、 "仲介依頼を自社のみで受けることによる確実な仲介手数料の確保" という不動産業者の思惑が多分に入っていることが想像できます。 このことは商売だから当然ですね。

不動産会社にしてみれば、買い手を見つければ、売り手、買い手の両方から仲介手数料がもらえますし、たとえ買い手が見つけられず他社に客付けされても、最低限売主側の仲介手数料は 確保できるのです。

おそらくどの媒介契約がいいのかは、会社の販売方法や姿勢、担当者の営業力ややる気、 景気などによっても状況は変わってくると思われます、個人的には、中古マンション売却の経験者が実際の売却活動の現場で感じた、


「一般媒介契約では複数の不動産業者を比較しやすい」
「一般媒介契約では業者間の競争心を煽り熱心に対応してくれる」
「一般媒介契約でも業者によっては、頼めば住宅情報やレインズでも宣伝してくれる」
「多くの情報によって客観的な査定価格や適正売却価格がつかみやすい」
「チラシや住宅情報誌、レインズなどの広告効果はあまり期待できない」


などの一般媒介契約を薦める意見に説得力を感じます。

一般媒介契約で不動産業者の競争心を煽ることがマンション売却のコツ

売主の立場からすれば"専属媒介にすれば一生懸命営業努力してくれるのでは" と思いがちですが、逆に業者の立場に立てば"3ヵ月(媒介契約期間)の猶予がある" と安心してノンビリした売却活動になることが想像できます。

また、せっかく手に入れた専任媒介ですから、自社で利益を独占したいと考えるのも当然で、 他社に積極的に販売協力を求めることもないでしょう。

やはり、他社に手数料をもっていかれる危機感と競争心があってこそ、 不動産営業マンも熱心に動くのだと思います。

不動産売買は営業マンの力量とやる気次第ともいわれていますので、多くの会社に 中古マンションの売却依頼をすれば、それだけ優秀な営業マンと出会うチャンスも 多くなるのではないでしょうか。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却成功のコツ

マンション売却を成功させるには不動産業者の営業力が不可欠です。 また売却に有利なタイミングの見極め方、物件案内時に買い主がいだく物件や売り主の印象等も、 マンション売却成功に大きく影響してきます。

不動産業者の選び方や契約方法、物件案内時の注意点、売却時期等、マンション売却を 成功させる為のポイントを解説しています。

関連エントリー

売り主の印象も成約の要因に 物件案内時の注意点 不動産業者の選び方 本当に専任媒介がいいの? マンション売却は一般媒介で マンション売却の時期 買い替えのタイミング