複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却の基礎 >  マンション売却の契約方法

マンション売却の契約方法

マンション売却のため不動産業者と媒介契約を結ぶ

マンションの売却を不動産業者に依頼する際、取り交わす媒介契約には専属専任媒介契約、 専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

不動産業者1社のみに依頼する場合には専属専任媒介契約または専任媒介契約に、 複数の業者に依頼する場合は一般媒介契約になります。 専属専任媒介契約、専任媒介契約の契約期間は基本的に3ヶ月です。


専属専任媒介契約
1社のみの不動産業者と契約し、その不動産業者が紹介する相手にしか売却できない。 自分で見つけた相手と取引したり、他の業者の媒介で取引した場合は違約金を 支払わなければならない。

専任売却契約
1社のみの不動産会社と契約し、他の業者の媒介で取引することはできませんが、 自分が探した相手とは直接売買契約することができる。

一般媒介契約
特定の不動産業者だけでなく複数の不動産業者に売却依頼することができ、 自分が探した買い手とも直接売買契約することができる。 ただし、業者は依頼主への処理状況の報告義務や流通機構への登録義務がありません。
また、一般媒介契約には、依頼者が他のどの業者と媒介契約を結んでいるのかを 明らかにする「明示型」と、明らかにしない「非明示型」があります。

専属専任媒介契約、専任媒介契約では売主が規制されるかわりに、不動産業者にも 義務が課せられます。

専属専任媒介契約の場合、不動産業者は、
「契約日の翌日から3日以内に物件を指定流通機構に登録しなくてはならない」
(業者の休業日を除く)
「1週間に1回以上、処理状況を文書で報告しなければならない」

専任媒介契約の場合、不動産業者は、
「契約日の翌日から7日以内に物件を指定流通機構に登録しなくてはならない」
(業者の休業日を除く)
「2週間に1回以上、処理状況を文書で報告しなければならない」

一般媒介契約の場合には、不動産業者は指定流通機構(レインズ)への登録義務や処理状況の報告義務はありません。

自宅マンションの媒介を不動産会社に依頼する場合には、この3種類の契約方法の中から 一つを選ぶことになります。

そしてどの契約方法を選択するのかも、あなたのマンション売却の成功を左右する ひとつの要因になります。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却の基礎

マンション売却を有利にすすめる為に知っておきたい、マンション査定から売却までの 手順や市場価格に準じた適正な売却価格、不動産業者との契約方法など、 マンション売却の基礎知識について解説しています。

関連エントリー

マンション査定〜売却の流れ 適正な売却価格とは? 査定価格と売り出し価格の違い マンション売却の契約方法 買い替え特約のリスク