複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却の基礎 >  査定価格と売り出し価格の違い

査定価格と売り出し価格の違い

不動産業者の算出する査定価格は、金融機関の担保評価価格やその物件の 上限価格ではなく、あくまでもその業者が"現実的に3ヶ月程度で売却できる 可能性が高い"と判断した想定価格です。

売り出し価格は、不動産業者の提示した査定価格をベースに売主が最終決断する

その物件の売り出し価格は、不動産業者の提示した査定価格をベースに 売主の望む売却希望価格や事情を考慮して、最終的には売主が決定します

不動産業者の販売力や自信、業者の思惑などによっても査定価格は 変わってきますので一概にはいえませんが、通常、査定金額より 売り出し価格を高額に設定した場合は、長期戦になることも覚悟しなくてはいけません。

業者の査定金額とあまりにもかけ離れた高額な売り出し価格を売主が主張し 譲らない場合には、媒介業者に断られることもあります。

反対に、売り主の事情により早く売却しなくてはならないときには、 査定価格より売り出し価格を低めに設定しなくてはならない場合もあります。

買い主の購入希望価格と売り主の希望売却価格が折り合うかが成約への最大のポイント

いずれにしても、最終的な購入の判断をするのは買い主であり、 不動産業者でもあなたでもないのです。

買い主の購入希望価格と売り主の希望売却価格が折り合うかが 成約への最大のポイントです

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却の基礎

マンション売却を有利にすすめる為に知っておきたい、マンション査定から売却までの 手順や市場価格に準じた適正な売却価格、不動産業者との契約方法など、 マンション売却の基礎知識について解説しています。

関連エントリー

マンション査定〜売却の流れ 適正な売却価格とは? 査定価格と売り出し価格の違い マンション売却の契約方法 買い替え特約のリスク