複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却の基礎 >  適正な売却価格とは?

適正な売却価格とは?

あなたのマンションの適正な売却価格はいくらでしょうか? 

結論から言うと、不動産には普遍的な適正価格というものはなく、常に市場相場や近隣の 不動産事情などの色々な要素に影響され、適正価格も変わっていきます。

適正な売却価格とは?

例えば、あなたのマンションの周辺に新築マンションの分譲計画がある場合、 その新築マンションの分譲価格にもあなたのマンションの売却価格は影響されます。

新築マンションの分譲価格が安ければあなたのマンション価格も安く査定評価され てしまいます。
さらに、新築マンションが売れ残り価格を下げた場合には、その価格にも影響され てしまうのです。

このような相場の変化があるため、市場の動向を無視した売却価格の設定は 自分自身の首を絞めることになりかねません。

たしかに、マンション買い換えの資金計画もあり、誰でも少しでも高く売りたいと思うのが 当然ですが、長年の経験と市場の動向を知る不動産業者の査定額を大幅に上回る売却価格では、 売れる可能性は低くなってしまいます。
(あくまでも不動産業者が周辺の物件情報を熟知していて査定額が適切だった場合ですが)

不動産会社の査定価格と売主の希望売却価格は15%程度の開きがあるなどとも いわれていますが、あまり高い売却価格ではマンション売却が遅れ、反対に買い替えの資金計画が 狂ってしまう恐れもあります。
また、近隣に類似したマンション物件がある場合は、そちらを引き立ててしまう可能性もあります。

"最終的に購入の判断を下すのは買い手だ"
"売り手と買い手の双方が納得する価格が成約価格だ"
ということを常に念頭に入れ、冷静に現時点での適正価格を推測しましょう。

それには「周辺の同一タイプ(同じ質、同じ条件)のマンションが1ヶ月〜3ヶ月以内に いくらで売れたのか」がやはり現実的な判断材料になります。

つまり、最新の売買価格の相場を基準に算出した売却価格がその時点での あなたの中古マンションの適正価格ということになるのでしょう。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却の基礎

マンション売却を有利にすすめる為に知っておきたい、マンション査定から売却までの 手順や市場価格に準じた適正な売却価格、不動産業者との契約方法など、 マンション売却の基礎知識について解説しています。

関連エントリー

マンション査定〜売却の流れ 適正な売却価格とは? 査定価格と売り出し価格の違い マンション売却の契約方法 買い替え特約のリスク