複数の不動産会社に一括査定 ⇒ 自分の家の本当の適正価格が判る!
入力1分!無料オンライン査定はこちら

Top >  マンション売却の基礎 >  買い替え特約のリスク

買い替え特約のリスク

新居の購入契約を白紙に戻して解約できる買い替え特約

買い替え特約は、不動産の買い替えで持ち家の売却よりも 新居の購入を先行させたものの、一定の期間を過ぎても一定金額以上で 自分の家が売れない場合に、新居の購入契約を白紙に戻して解約できる という特約条項です。

買い替え特約を契約書に明記することで、万一売買契約をキャンセル しても手付金の没収や違約金の請求を防ぐ事ができるので、新居の 購入を先行させたい買い替え希望者にとっては安心材料になる特約です。

買い替えを考えている方が、自宅は売却していないが、どうしても購入したい 物件に巡り会った場合の、リスク回避手段になるわけです。

しかし、買い替え特約があるからと安心して、自宅マンションの売却価格を きちんと査定評価せずに、買いを先行させることはリスクもありますので 注意が必要です。

買主にとっては、安心材料になる買い替え特約も、売主や仲介業者にとっては反対に不安材料に

買主にとっては、安心材料になる買い替え特約も、売主や仲介業者に とっては反対に不安材料になる特約です。

なんといっても、やっと売れたと喜んだ矢先にキャンセルされ、今までの 労力や時間が水の泡になるのですから・・・

買い替え特約を付けているという理由で、売主が売買契約を拒否する 場合もありますので、気に入った物件の購入機会を減らすことにもなりかねません。

逆に売主が買い替え特例にも全く抵抗がない場合には、"どんな条件でも 受け入れなくては売れにくい物件"すなわちマイナスポイントがある物件ではという、 穿った心配もでてきます。

さらには、キャンセルをうけた売主や仲介業者の強い説得や抵抗にあい、 自分の想定していた希望売却価格より低い金額で成約させられてしまう 可能性だってあるのです。

また、買い替え特約は不動産業者にとって媒介契約を結ぶ為の材料または、 買主の売却意欲を高め売却活動を促進する材料にもなっているという 側面もあるのです。

いずれにしても、有利に不動産売買を進めるためには、市場調査と査定評価を 綿密に行い、最低限の売却価格を把握しておくことが重要です。

安易に買い替え特約を使うのではなく、買い替え特約や買い先行のリスクも 考慮に入れ、慎重に買い替え計画を立てましょう。

 

無料オンライン査定

 

▼ 複数の不動産業者からの査定を入手し、比較検討できる便利サイトを紹介します ▼

あらゆる物件に対応!安心と実績の優良会社700社以上が参加しています。

管理人は希望以上の金額で売却でき大満足!

 不動産を高く売りたいなら、このサイトがおすすめ!

 

        

        

 

マンション売却の基礎

マンション売却を有利にすすめる為に知っておきたい、マンション査定から売却までの 手順や市場価格に準じた適正な売却価格、不動産業者との契約方法など、 マンション売却の基礎知識について解説しています。

関連エントリー

マンション査定〜売却の流れ 適正な売却価格とは? 査定価格と売り出し価格の違い マンション売却の契約方法 買い替え特約のリスク